もりた鍼灸整骨院の
不妊治療



当院の不妊治療

当院で、不妊治療を受けられる方には様々な年齢層の方がいらっしゃいます。 40歳近くになり、高齢出産にあたる方で身ごもった方もいらっしゃいます。

私が行っているオステオパシーという治療は、体の歪みを取ることにより自己治癒力を高め、 体温をあげ・ホルモンバランスも整えた状態へと変化させていきます。

長く妊娠を望みうまくいかないと、精神的にも疲れ、血流や骨盤の動きもガチガチに固くなっていること が少なくありません。
そういった状態をリセットさせ、内臓、骨盤、背骨、神経系、血流などの動きを出していきます。
また、オステオパシーと鍼灸治療を組み合わせることにより、一般的な病院の治療ではアプローチしにくい子宮の環境を改善します。

不妊治療は長期的に体を整え安定した状態に導いていくことが大切です。 お気軽にご相談ください。

不妊治療案内画像

不妊治療を考えているあなたの体はどんな状態でしょう?

  • 不規則な生活を過ごしている

  • 日々ストレスがある

  • 食生活の乱れがあるい

  • 下腹を押すと痛い、固く感じる

  • 手足が冷える
  • 疲れ切っている
オステオパシー画像

これらの中で当てはまる項目が3つ以上あると身体への負担は大きい状態です。
当院では、不妊改善について原因がそのものの器質的問題でなく機能的な問題で さらに体質の悪化が問題であればお力になれます。
また、病院での治療ではアプローチしにくい子宮の環境も、 オステオパシーと鍼灸治療を併用することで血流を増加させ、妊娠しやすい環境にすることが可能です。

もりた鍼灸整骨院の不妊治療の目的

  • 子宮内膜が厚くなるよう促します
  • 腹部の循環を促す施術を行います
  • 瘀血(おけつ)解消のための治療を行い、月経不順を軽減させます
    瘀血ードロドロした血液が作られる状況が多くなり子宮や卵巣の機能も低下させてしまいます。東洋医学では内膜症や筋腫は瘀血による症状と捉えて治療を行います。
  • 仙骨・骨盤バランスを取り、子宮の位置異常をなくします
  • 骨盤底筋の安定化を図ります
  • 抑うつ症状の軽減

『子宮内膜形状不良患者に高度生殖医療と鍼灸治療を併用した57症例』

(https://meiseiacp.com/?page_id=13 参照)
共同研究:竹内病院トヨタ不妊センター所長(現 おち夢クリニック名古屋院長)越知正憲先生

不妊治療画像

ホルモン剤を使用しても子宮内膜が厚くならない方に対して 鍼灸治療を併用したところ、約6割に子宮内膜の改善がみられました。
また改善された方のうち、約5割が妊娠に至りました。

これにより子宮内膜形状不良の方に対して、鍼灸治療が有効であることが分かりました。

この効果は新聞でも取り上げられました。
(2001年12月28日、中日新聞)

不妊治療画像



『中リョウ穴刺鍼が不妊症患者の子宮・卵巣血流に及ぼす影響』

(https://meiseiacp.com/?page_id=13 参照)
共同研究:竹内病院トヨタ不妊センター(現 俵IVFクリニック院長)俵史子先生
明治国際医療大学臨床鍼灸医学Ⅱ北小路博司先生
明治国際医療大学臨床鍼灸医学Ⅱ(現 明治東洋医学院専門学校)本城久司先生

不妊治療画像

鍼灸治療後に、子宮動脈の約9割が抵抗値減少・子宮放射状動脈も約7割が抵抗値が減少しています。

血管抵抗値が減少したことは、鍼灸治療により子宮の血流が改善した事を示しています。

不妊と鍼灸について新聞でも特集されています。 鍼灸治療を受けた約2割の方が自然妊娠されていることがわかりました。
▼▼
鍼灸治療の効果が抑うつ症状を改善しリラックスに繋がったと考えています。鍼灸治療で抑うつ症状の改善が期待できます。

不妊と鍼灸について新聞でも特集されています。(2005年6月12日、中日新聞)

不妊治療画像



オステオパシー画像

身体のバランスをオステオパシーと鍼灸で整えることにより、人が本来持っている妊娠力を高め、ホルモンバランスや卵子の質の改善を促して行きます。
*鍼を使うこともありますが、苦手な方はオステオパシー{手技}のみによる治療も行えます。ご安心ください。


不妊治療の体験談

まだ体験談は追加されていません。

▶︎ほかのみんなの体験談をみる

不妊治療のよくある質問

  • よくある質問はまだ準備中です。

  • 今月のキャンペーン画像

    今月のキャンペーン!

    【今までに治療を受けた方へ】過去にオステオパシー治療を受け、3か月以上来院されていない方   「当院のさらに新しくなったオステオパシーの施術 ぜひ受けてみてください。」 5000円→4000円 で1回受けられます。

    2019年07月01日 〜 2019年08月31日

    ほんの少しの痛みや悩みでもまずはお気軽にご相談ください!

    ※FAXでも承っております
    095-825-6877