難病やガンの方へのおススメの治療

息吹なブログ


だいぶ、日中冷え冷えするようになってきましたね。
長崎は「おくんちが終わると、冷えるよねー」 というのがしばらく患者さんとの季語を使ったような会話です。今回は冷えと体について少し小話を。。

何度か、難病といわれる方の治療をしたことがあります。私のオステオパシー治療で、膠原病やガンなどいろいろな症状があり簡単には症状が変わらないものももちろんあります。 
そういったものに対しても、何かの対処、症状緩和ができるよう手助けができるよう学んでいるわけですが、、なかなか症状が変わりずらいのは冷えが極地まで至り、中枢神経系から、動脈、関節まで硬くなっている状態です。
根気強く治療しつつ、体温をあげることを同時にやる必要があります。
身体の潜在的力{ポーテンシー}が簡単にでてくる状態になるとオステオパシーが効きやすいのです。

そのための一つの提案は「ひまし油湿布」です。
面倒くさい、手間がかかるという デメリットを超える効果はあると私は体感しています。
難病、ガンからの回復、後療法におすすめ。
だって、まず体温が上がるし、肝臓をはじめ副腎、視床など、脳の活性化 に効果があると筋力テスト{フィシオ}では出ています。

もう一歩、2歩と進んでいく手助けになりますのでよかったら試してみてください。
きっと体温が上がり、不快な症状が緩和するゴールとつなげてくれますよ☆

以下は以前、書いた記事のコピーです。ひまし油湿布の説明ですのでよかったら読んでみてください。

「長崎の本格オステオパシー治療院 もりた鍼灸整骨院」
 森田健一  Email:ibukiken @gmail.com
Tel: 0958-25-6877

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ オステオパシーへ
にほんブログ村  

エドガー・ケイシーとひまし油湿布
ひまし油湿布とは、20世紀前半に活躍していたアメリカの心霊診断家エドガー・ケイシーが推奨したもので、別名ケイシー療法。彼は催眠状態に入ると、ほとんどありとあらゆる質問に答えることができ(これをリーディングという)、政治家から一般人まで多くの人の役に立っていたとか。そのリーディングの記録は実に14,000件におよび、特に知られているのが健康に関するもの。ケイシー自身には医療の知識はひとつもなかったにも関わらず、その正確な治療法は医師が舌を巻くほどであったという。
エドガー・ケイシーが残した約9,000件のフィジカルリーディングにも、ヒマシ油湿布は体調改善のために必要な療法として頻繁に登場し、その数は、実に545件にものぼります。後年、これらを詳細に調査したところ、ケイシーは約30の異なった目的のためにヒマシ油湿布を勧めていることが分かりました。
勧められた頻度の高いものから

1. 胃腸系からの排泄を増加させる
2. 消化吸収と内臓の機能を改善させるために、肝臓、胆嚢、その他の臓器に刺激を与える
3. 外傷や癒着を癒す
4. 痛みを軽減させる
5. 神経系の協調の改善
6. 炎症の減少
7. リンパ系の流れを高める
8. 肉体の組織から「酸」を除去する その他、胆石や腫瘍を溶解させる、頭痛の軽減、腫れの軽減、血液循環を高める、胃腸内のガスや吐き気の減少

など 医療機関の研究によると、腹部に行ったヒマシ油湿布は、実際に、肝臓や消化管の働きを高めたり、免疫作用を高めることが立証されました。さらに毒素や老廃物の排泄を促し、体内浄化作用を高めることも分かっています。 体調には特に問題がない人でも、ヒマシ油湿布を行うことで、身体の深いレベルでのリラックスを感じる人が多く、ストレスの多い現代人には不可欠なアイテムではないでしょうか?

◆何故ひまし油湿布は温めるのでしょうか?
熱を加えて温めることで、オイルの中に存在するエネルギーの波動が高まり、ひまし油の持つ癒しの力が身体の奥深くまで浸透していく。

◆ケイシーの勧めた「ひまし油湿布」のやり方
必要なもの 1.ヒマシ油 2.コットンフランネル 3.温熱ヒーター 4.ビニール、  ラップなど 5.バスタオル 6.重曹を溶かしたお湯(ふきとり用)
やり方
1.ヒマシ油をタップリしみ込ませたフランネルを肝臓をメインとした腹部につけ、ヒーターなどで温める。ヒマシ油湿布をしている間は、可能な限り、癒しの波動が自分を癒してくれているイメージをする。

2.1時間、そのまま横になり、その後、重曹を溶かしたお湯で肌についたヒマシ油をふき取る。1度作った「湿布」は翌日以降、何度でも使用可能。ただし、少なくとも、3週間~2ヶ月をめどに交換すること。

3.これを通常は、3日間連続して行い、4日間休む。3日目の夜に、毒素の排泄を促すためにエキストラバージンのオリーブオイルを大さじ1杯程度飲む。またこの期間は毒素の排泄が高まっているので、水分をしっかりとる。

これを3週間ほど続け、1週間休んだのち、まだ湿布が必要であれば、同じように実施する。

わたしがつかっている、おすすめのオーガニックの会社です☆
参考までにどうぞ☆  テンプル・ビューティフル様

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。