フィシオ。エナジェティック{クリニカル・キネシオロジー}について

フィシオ・エナジェティック


全身の筋肉の左右のバランスを見て検査します。
 人間にある刺激を加えると左半身と右半身の筋肉連鎖の緊張度に差が出ます。そうすると結果として左右の腕の長さに違いがでます。その腕の長さの左右差を利用して検査してゆきます。

症状の原因と対処法、施術の優先順位を知り 以下の項目を解決します。 

 

原因不明の症状、不定愁訴の原因がわかります。
 なかなか原因がわからなかったお悩みの不快症状、不定愁訴の原因と対処法がわかります。本当の原因は意外なところにあることが多いようです。本当の原因がはっきり分かれば解決は意外なほど簡単です。悩んでいた症状がきれいに消失する例が出ています。


痛み、不快症状、障害の原因、あなたに必要なもの、を

あなたの身体に直接質問しながら治療を進めてゆきます。


人間を構成する系統は様々な次元があります。
1、 身体構造 (骨格、筋、腱、筋膜のバランス)
2、生体化学物質 (ビタミン・ミネラル・アミノ酸等の栄養の過不足、重金属な
  どの毒素による中毒、アレルギー、食品不耐性、寄生虫の影響、バクテリア・ウィルス・真菌の感染、悪玉腸内細菌の酸性する毒素)
3、経絡などのエネルギーや情報伝達
4、感情、心理
6、電磁波や土地のストレス(ジオパシックストレス) 
7、サトルボディーの問題
これらのどの階層に問題があるかが分かるのでより効果的で的を射たセラピーが期待できます


●栄養素の過不足

●必要なホメオパシーレメディー、サプリメント、フラワーエッセンスとその摂取量



●どの臓器に問題があるか

●チャクラ・サトルボディーの状態

●刺激すべき経絡や経穴{つぼ}、ブロックされている経絡

●体内にある毒素の蓄積の程度と深さ、解毒の方法

●どんな感情が問題の原因となっているか

●骨格の歪み、筋膜のずれ、脳脊髄液の問題

●潜在的なウイルス・カンジダ・バクテリアの影響の有無




特にからだにたまった重金属に対し排毒の、組あわせを調べるときフィシオ・エナジェティックを使います。オステオパシーや鍼の治療とは、からだをみているチャンネルがちがうため一度はこれのみで治療を受けてみることをお勧めします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。