キネシオロジー、ホメオパシーをつかった胃癌治療のサポート

息吹なブログ


キネシオロジー、ホメオパシーをつかった胃癌治療のサポート

本格的に寒さが増してきましたね。
昨日は、治療院より帰宅中あられがふりました。
冬に突入ですね。

今日、仕事を終え詠春拳の練習前 ご飯を父と母と食べていました。
餃子、肉まん、パン、肉じゃがと今日の献立はいろいろミックスです。
患者さんよりいただいたパンはおいしくマレーシアで買ってきたココナッツジャムとあわせ食べると
格別でした。
野菜を食べていた、父が胃もたれをおこしました。
かるく汗ばみ、脈は速く、大きい脈で浮いています。 何かの急性症状のようです。

普段は、安静に寝てもらうのですが 最近はホメオパシーですべて調べます。
レメディで 「kali muriaticum」
か、「pulsatilla」 が症状的に合うかと思いました。どちらも油ものや胃もたれに効くレメディです。
筋反射でみたところ、胃をおさえた状態だと筋力がはいらないです。
「kali muriaticum」をもち胃を押さえると胃に力が入ります。

レメディは決まりました。 次は、舌下吸収させ 体の反応を待ちます。
オステオパシーにおける
「find it, fix it , leave it」
の原則どうりです。

脈の力{鍼灸における脈状}をみながら体の変化を待ちみてみます。
大きく、太く、速い脈が 次第に落ち着き、ゆっくりとまとまりがある脈になってきました。
この変化を私は、鍼でこれだけ早く起こすことができるか疑問です。
{単に鍼の修行が足りないともいえますが・・・} 
ただ、急性症状には効くとどんどん実証中です。

胃癌の手術後、よくある症状は父のように
胃もたれ、疲れやすい、油ものに弱い などがあります。
食べ物は父の場合、餃子の油が悪いと筋反射で出ました。
食べ合わせのチェックは必ず必要です。

手術後の負担を減らすのに オステオパシー、ホメオパシーは有効です。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ オステオパシーへ
にほんブログ村  
   

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。