カッピングレポート3

息吹なブログ


カッピングを何回くらい受ければいいんですか?

これが、最近聞かれる質問です。 これは、カッピング②でも書いていたことですが、体質が変わると背中についていた痕が変わっていきます。
早い方で、4,5回。。 血の汚れ度合がひどい方はもっとかかりますが、色合いは薄く変わっていきます! 2,3回でもういいかなー と思わず、背中がきれいな色になるまで試してみてはいかがでしょうか??
アレルギー症状が春先などに出る方は今のうちから試す期間が十分にあるので10回ほどはお試しください。 血の流れはいいに越したことはありません。
それで効果がでれば定期的につづけてみることをお勧めします。
高齢の方はただでさえ、血液の流れは滞りがちになりますので特におすすめです。

もうひとつおすすめなのが、おなかがパンパンに張る方。
原因はいくつありますが、おなかへのカッピングもトテモ効きます。
東洋医学で「前の張りは後ろで、後ろの張りは前で取る。」という言葉があります。つまり腰痛はお腹の張りを取ることで、痛みを取りましょーではないか! と昔の人は言ったのです。
 
例えばヘルニアに対し、牽引のみだったり、筋肉を緩めることだけしても効きません。
オステオパシーでは腸間膜、腸が下がらないようにしている筋膜を緩める調整があります。

体が疲れやすい原因の一つとして、腸が動いていないことがあります。リキーガット症候群{腸管壁浸漏症候群}の方にはそれなりの対処法が必要なためまたの記事に書きます。

「長崎の本格オステオパシー治療院 もりた鍼灸整骨院」
 森田健一  Email:ibukiken @gmail.com
Tel: 0958-25-6877

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ オステオパシーへ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。