オステオパシーにおける 妊婦の治療

息吹なブログ


少し肌寒くなりましたね。
長崎では、「おくんち」 というお祭りがいよいよ始まります。
妻をはじめて連れて行きましたが、感動していました。
贔屓目なしに、上品で熱い祭りと思います。

今回から 何度か妊婦の治療について書きたいです。
といいますのも、私の妻が現在 妊娠7ヶ月目です。
まだ、伝えていない患者様ブログ報告ですみません!

本当は、写真を貼っていきたいのですが、パソコンの写真読み取りがおかしく
また次回貼り付けたいです。

7ヶ月といいますと、けっこうおなかが出てきます。
安定期に入り、つわりもなくなり 安心ですね。 
と思っていましたが、、いろいろあるんですね。

身内がなると、本当に身にしみてわかります。

たいへんなんですね。

足がつる。 むくみが強くなる。
 赤ちゃんの体重が増えるため
膀胱を圧迫し頻尿になる。 遠出がおっくうになる。
運転もだんだんつらくなってくる。

今まで、できていたことができなくなることは、つらいことです。
上の症状は、私の妻 ナイリー{オーストラリア出身}が実際感じていることです。

普通、だんなはそれに対し 優しく接する。
足をマッサージしてあげる。 などがいい愛情表現でしょうね。

私も、足をマッサージしてほしいと 頼まれあまり本業でないのですがやってみました。
やったときは、「きもちいい・・・、鍼やオステオパシーじゃなくて こっちもいいよー{日本語訳}」 といってもらいました。

ですが、妊婦のむくみは足だけの症状じゃありません。
翌日は、また big foot、おっきい足に戻っていました。

其の翌日、オステオパシーにて治療しました。

下がった 腸と子宮をあげ 腰骨のバランスを整えリンパの還流が出るように促しました。
次に動脈の硬さを調べたところ、 股関節から下腿への動脈が硬く 膝下や足首への還流をとめておりその流れを出します。
頭蓋骨の歪みを最後にチェック
左に グーん とひかれる 脳硬膜系の歪みもあり筋膜の歪みを同時に整えます。
最後に、鍼で 経絡のバランスをとりねてもらいました。 

翌日は、7,8割がた腫れが引き にこにこと笑顔を見せてもらいました。
「なんか効いたみたいよー {日本語訳} 」と、 さりげなくほめてもらいました。
名誉挽回です。

 妊婦は、体 骨盤が大幅に変化します。
妻を毎日みているため、定期的に妊婦の患者さんをみるより本当にダイレクトに感じます。
筋膜、 筋肉、内臓を包む 膜を通し中身が元気か? 他と連続した動きがあるか? オステオパシーでは観察し、動きがなければ動きを出します。
健康から、グレイゾーン、病 の変化を手で診断し治します。

これから、あと3ヶ月弱で赤ちゃん誕生です。
ちょこちょこ、治療報告 ブログをやりたいと思います。早く、写真つけなくてはいけませんね。。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ オステオパシーへ
にほんブログ村  
   

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。