いくつかのオステオパシーへのQ&A  其の壱

息吹なブログ


「他の治療との差」

体が回復する条件をどんどん作っていきます。
凝っているから揉むの出なく
 バランスを回復させた結果 凝りが取れるという考えの治療です。
具体的には、手足の歪みを整えることにより、 背骨、内臓の歪みをとります。
体の歪みをとる 動き{体操}を行い 治療していきます。
3つの体液である 血液、リンパ液、脳脊髄液の流れを出し治癒力を高めます。
脳に正しい動き、心地よいルートを作り、間違った痛みの指令に振り回されないようにします。 

これらが今、私がこころがけてやっていることです。

「整形外科と何が違うのか?」

整形外科では、主にレントゲンやCTなど 結果を焦点を当てて調べていきます。
その結果 どの筋肉、関節を動かすかリハビリを行います。
私は、体にとって もっともよいバランスを提供していきます。
オステオパシーでは、症状にフォーカスはしません。
でも、結果はでます。
体への最適なバランスをとった結果、腰が軽くなったり、上がらなかった肩があがったり、内臓疾患、リウマチ、膠原病などで 悪かった数値が変わったり、レントゲンで変形があった方や側湾があった方が その変形が取れ手術を回避したりといったことがどんどんでてきています。

「一般的なマッサージとどう違うのか?」

マッサージでなく オステオパシーや、各種整体を研究し治療を提供しています。
結果、マッサージでおこるようなコリがとれる状態となり マッサージでおこらない体の内部バランスができます。
マッサージによって治りたい方は当院の治療はあまりあわないと思います。
でも、内側からゆるゆるになっていくので気持ちいいんです。

「なぜ治療が必要なのか? 」

人の体は、自分でバランスをとるよう本来はできています。
伸び、ちぢみ、力を抜き そして筋肉をつけ補強する。
人間を含む野生の生き物はこういった繰り返しでもっともいいバランスを獲得します。

では、現代人はなぜできていないのか?
本来のバランスをとる動き、運動をしていない。
多くのストレス、電磁波、体に不必要な食事をしてる。
添加物、花粉、ほこりなどのアレルゲンに対応できていない。
こういう要因があると、運動どころではない場合があります。
たまに、筋肉大好きな方が 筋トレですべてを治すといいます。
これは、ありえます。
筋肉は自分のすべてのアレルゲンを、打ち倒すと強く思っていると強い精神力が肉体に宿り
体の動きを変えます。

ですが、、体は一人で 緩ませるより、人とともに緩んだほうが早く緩みバランスを取り戻します。
しかも、一人で「筋トレ」や「瞑想」で体をコントロールしようとするより、、着実にバランスを取り、痛みが少なくなります。
私は、自分の体に異常があるときはすぐに信頼あるオステオパス{オステオパシーの治療家}か父に治療を頼み あとはひたすら寝ます。私の身内であればそう強く勧めます。

「体のメカニズムと必要性」

体の見方は本当にいろいろとあります。
オステオパシーのメカニカルリンクという治療では、背骨、内臓、動脈、骨内の緊張、頭蓋の歪み
すべてを調べバランスをとります。

バイオダイナミクスでは、体の液の流れ正常化し、体に入った異常な歪みのパターンをとり
本来の健全なバランスが出てくるようにします。

今研究中の整体では、手足の歪みをとることから背骨の歪みをとり、内臓の動きを出します。
鍼灸の経絡治療では、脈の緊張や緩みにより どの経絡に異常があるか調べ 経絡の正常化のために 鍼灸を行い、内臓、体の冷えをとりバランスをとっていきます。

それぞれ、長短があったり、、時間の制約によって使い分けたりしています。
ですが、「身体への本来のバランスをもどす」というオステオパシーの目的が基本にあります。
ですから、いろいろな治療法を学ぶことには富士山の山の登り方が違うだけでいろいろな視点から富士の朝日の輝き{体の本来のバランス}を知る いいきっかけとなっていると思います。

さて、、、今日は 
ここまででまた書きます。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ オステオパシーへ
にほんブログ村  
 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。